アロー 審査落ち 理由

アローの審査落ちの理由 4つ

審査の甘いアローは中小消費者金融ですが、審査落ちをしてしまう方もいます。
ちなみにこれが闇金融ではない証拠です。
誰でも借りられる中堅消費者金融というと、人によってはそれは闇金であると勘違いしますが、闇金なら審査落ちはありません。
あまり名前の知られていない街金も同じです。

 

金融事故のあるブラック対応のアローでも審査を通さない方は、

  • 現在総量規制を越えていないこと
  • 短期間での借り入れをしていないこと
  • 借入件数が4件以上
  • 年収が少なくないこと

です。

 

総量規制

年収の3分の一がその方が借入できる限度額です。
アローに申込をした時点で、既に総量規制を超えている場合とアローが借入ができ範囲がない場合、審査は通りません。
違反な借入には対応していないということです。

 

短期間の借入

例えば、1ヶ月で何回もキャッシングの申し込みをしていた、ここ数ヶ月で一気に多重債務になった方は、お金の使い方に不審感が募ってしまいます。
要するに、このまま行くと返済が不可能であると推測されるのです。
最後の砦としてのアローだとしても、金利は高いですし、返済が疑われる場合は、審査落ちです。
たとえ、総量規制に余裕があったとしてもです。

 

多重債務

中小消費者金融では大手消費者金融よりも多重債務に関しては寛大です。
ただ3社か4社か?ということであれば、4社はキツイでしょう。
ただし、アローの審査内容の一つとして、4社でも借入金額が少ない、返済が可能であれば、審査が通る場合もあります。
これは年収と大きく関係することです。

 

年収と返済額

年収が低い方の場合、いくら審査が甘いと言っても不利な条件です。
特に、パートなどの会社の保障が低い方の場合、総量規制限界の融資の申し込みについては、アローでも難しい判断です。
債務整理後数年の申し込みでは数万円というブラックと多重債務のブラックでは、審査が変わるということです。

 

審査が甘いということは貸すこと貸すけれど、返済ができる範囲内であることが大前提です。
収入が少ない場合は、どうしても無理な借り方はできないということです。
口コミと内容が違うけれど、と文句を言う口コミ投稿者も多いですが、年収と借入額のバランスととても大切です。
信用情報以前の問題で、その年収でまだ借りられると思っているのですか?と言われら、返済能力に問題あり、ということです。

関連ページ

アローの即日融資は嘘?
即日融資の中小消費者金融はまだ数が少ないですが、アローは45分審査でその日の融資が可能です。まとめローンにも最適な200万円の限度額も魅力ですが、金利は19%台と中堅消費者金融の中でも高めになっています。それでも借りられるのならと申込は着実に増えています。 中小の消費者金融は、大手消費者金融などで借りられない方にとっては、甘い審査がメリットになります。
アローの借り換えローンは15%の低金利
中小消費者金融のアローでは、借り換えローンもあります。これは、総量規制対象外のまとめローンで、金利は15%。アローのフリーローンよりも金利は低めです。しかし、この借り換えローンについては、簡単な審査ではありません。
なんだか良くない?アローのキャッシング
すぐに借りたい、どうしても借りたい、でも大手消費者金融では借りられなかった。こんな方は、キャッシングアローに行ってみてください。もちろんインターネット内の話で、来店不要のキャッシング申込ができます。中小消費者金融として、ブラック対応のアローでは、独自審査で、最初の契約は50万円以下から借入が可能になっているようです。